エディックきっず

コンセプト

保護者の声から生まれた
学童保育です。

働く保護者にとって、放課後のわが子の有力な預け先となる学童保育。

子どもが1年間に学校で過ごす時間は約1200時間ですが、
学童保育で過ごす時間は約1600時間にも及ぶことをご存知ですか?

この時間をいかにして過ごすかが、お子さまの成長に大きく影響します。

「エディックきっず」は、第二のわが家のような居場所であり、
子どもが安心して過ごせる環境づくりをベースにした新しい学童保育です。

※平日945時間、長期休み575時間、土曜日の体験活動を80時間として算出
  • 子どもたちを「お帰りなさい」で迎えます。
  • 安心・安全を願う「保護者のニーズ」を追求しました。
  • ワクワクする「学びの仕掛け」がいっぱいです。

子どもをAIと共存する未来で
活躍できる人に育てるために

今から10~20年後には、国内労働人口の49%にあたる職業について、人工知能やロボットで代替される可能性が高いと言われています。今の小学校低学年の子どもたちは、まさにその時代に社会人になる世代です。そのような社会を生き抜くためには、自分の頭で考えその考えを言葉にする「表現力」、理解を深め解決策を探るための「思考力」、想定外の事態でも臨機応変に行動できる「判断力」の3つの力が必要です。そして、これらのすべての土台になるのが、言葉から状況をイメージする「イメージング力」です。

「エディックきっず」では、低学年のうちに「イメージング力」を育てる教材として私が開発した『玉井式国語的算数教室』を受講していただけます。その他にも、英語やロボットプログラミングなどの講座が多数用意されています。また、学校の宿題サポートや警報時のお預かり等があり、保護者の方にも非常に魅力的です。

ワクワクする学びの仕掛けがいっぱいで、楽しみながら未来で活躍できる力を育む「エディックきっず」を学童保育として強く推薦します。

玉井 満代(たまい みつよ)

たまみつ

教材クリエーター

自身も20年にわたって小・中・高校生の学習指導にあたり、難関中学・高校・大学へ多数の合格者を輩出。長年のノウハウを元に従来の型にはまった算数教育を見直し、生徒たちがより楽しく効果的に「読み解く力」「図形の実力」をつけることを目的とした教材「玉井式国語的算数教室」(2010年)、「玉井式図形の極」)(2012年)を開発。海外にも積極的に展開し、2017年には「図形の極」「Eeそろばん」ほか、玉井式教材はインド政府立の小中高一貫校にKendria VidyalayaSangathan(KVS)において正式に導入。また、インドにおける大手私立学校でも授業が始まっている。

TAMAISHIKI 公式サイト

お問い合わせ